総量規制外の銀行カードローンについての予備知識

Posted By on 2015年6月29日

総量規制対象外であるが故の、銀行系カードローンの難しさ

現在は、貸金業法の総量規制によって、消費者金融系のカードローンでは、年収の1/3以下までしかお金を借りることが出来ません。返済不能な状態に陥り、自己破産などのケースを減らす為の法律で、その効果も上がっており、良いことであったと思います。
逆に、その総量規制の対象外になっているのが、銀行系のカードローンです。借り手側からすると同じ様にお金を貸してもらえる金融機関に変わりはないのですが、銀行系のカードローンの場合には、年収の1/3以下に抑えられることもなく、限度額300万円ほどでしたら、収入証明無しで審査が通ることがあるのです。自信の希望する限度額を手にすることが出来る可能性があるのです。
しかし、それで本当に良いのでしょうか。貸金業法では、年収の1/3以下までしか貸し出してはならないと定められています。それによって、返済不能になるほど借入出来ずに、早めに別の手を打つ事が出来るので最悪の事態をさけられるメリットがあります。
逆に、総量規制対象外であるが故の、銀行系カードローンの場合、大きな限度額を手にすることが出来ますが、限度額一杯近くまで借入してしまった場合は、どうなるでしょうか。恐らく、毎月の生活費に苦慮することになります。
大きな限度額を手にすることは出来ますが、結果的に家庭経済がより厳しくなることもあるということを意識しておいた方が良いと思います。

消費者金融から実際にキャッシングするまでの流れ

ここでは、プロミスの審査体験など消費者金融からキャッシングできるようになるまでの流れを書いていきたいと思います。

まず、私が実際にキャッシングした時の話なのですが、私は消費者金融の無人ATMを利用しました。実際にキャッシングカードを受け取るまで要した時間としては1時間くらいだったと思います。
無人ATMなので、音声案内にしたがっての作業になり、作業中は人に会うことは無かったです。
当時、私が審査を受けるときに必要になった書類は、身分証明者(正確には免許証または保険証)・源泉徴収票(自分の収入が分かるもの)が必要でした。後は、書類では無いのですが、保証人の名前。住所等が必要になります。以上のものが準備出来たら、あとは審査を受けるだけです。

審査結果はその場で分かります。私の場合、当時の私の収入で借入限度額が40万までとなり、その日のうちに借入することができました。また、当日以外で後日自宅に書類等が別で送ってくることはないので、家族にばれることもなく、安心して借入できると思います。